クレジットカードとその審査基準について

クレジットカードを申し込んだ時、一番気になるのは審査です。今の収入で本当に大丈夫なのだろうか、過去に延滞したことがあるが、それが響かないだろうかなどなど、カードが送られてくるまで気になって仕方がないという人も多いことでしょう。

しかし、クレジットカードの会社が一番チェックしたいのは、今のあなたがきちんと返済できるかどうかなのです。
もちろん、過去に延滞履歴が多かった、あるいは今も他のカードやキャッシングで延滞が多いような場合は、通らないというケースはあります。
また、過去5年以内に債務整理をしたような場合も難しいでしょう。
しかし、延滞といっても1度か2度程度の場合、今現在で月々の定収入がある場合は、普通に返済能力があるとみなされますので、まず通ると考えて間違いはありません。

ただ1つ気を付けたいのは、申し込みの場合は、自分のありのままの情報を記載するようにしてください。
他からキャッシングなどの借入がある場合は、それも正直に書いてください。
もし不正に記載した場合は、あなたの信用情報にも傷がつき、他のカードの審査も通らなくなってしまいます。
また、1度に多くのカード会社に申し込むと、返済能力に疑問符がついてしまい、特に延滞もなく、債務整理もしていないのに、審査に通らなくなることもあります。

また、カード会社によっても基準は様々です。一般にスーパーマーケットや量販店といった流通系のものや、ちょっと意外ですが、外資系のものなどは審査に通りやすくなっています。
その一方で、銀行系や信販系はかなり基準が厳しいといえます。